ただただ許したい

自分が何になりたいかと問われれば、それはもうガンディーだろう。

 

「非暴力・不服従」に代表される彼の活動についての評価はここで行うまでもないとして、彼が暗殺されるときに額に手を当て相手を許したという逸話が私の心をつかんで離さないのだ。

 

実際のその瞬間に私は立ち会っていない(そもそも生まれてすらいない)から多分に後世における「盛り」の可能性を受け入れつつ、彼の精神に敬意を払おうと思う。

 

そもそも、なぜ私が「許し」に執着するかというと、この世からすべての苦悩を消し去りたいからである。(もちろん、仏教における一切皆苦という言葉を考えると実際には不可能であると断じてもよいのだが、できるだけそこに近づきたいという気持ちがあるからである。)

世界には多くの苦悩があり、「許す」という行為は「罪悪の苦悩」と「加害の苦悩」からの解放を指す。

これらの苦悩がない世界では人間は他者への愛を忘れ罪悪と加害に走ってしまうという問題があり、人間の妥協点としてこの2つの苦悩を受け入れざるを得ないということは論理的にはわかるし、否定はしない。

問題は、他の苦悩は多くの人がその苦悩を持った人たちの救済に動くのにたいしてこれら2つの苦悩からの救済を行う人は少なく、その苦悩を(時には生涯にわたって)負い続けることを要求する場合すらあることだ。

この世には多くの優しい人がいるのだから、私一人ぐらいこの2つの苦悩に対して救済を行う立場になっても不公平ではなかろう。

 

 

さて、ドラマでよくある(と、されている)セリフの「世界中があなたの敵になっても・・・」というセリフに近い意味合いの言葉を投げかけることで「自分が被害者でなくとも」一定の許すという妥当性を付与することができることを考えれば、ただ単に「許す」という目的を達成するのであれば、刑務所を巡って「あなたを許します」と声をかけていけば良いだろう。

しかし、そんな単純なものでは無い。

 

私が「許す」という行為に対して苦慮していることは、「許す」という行為が権力性帯びているということに起因している。

許すという行為は被害者だけでなく、その加害者当人を除くすべての人間が可能であるということは前段で示したが、裏を返せば当人は決して自分自身を許すことはできないことを指している(自己の失敗に起因する場合は除く)。

「許しを乞う」という表現は決して偶然に生まれた表現ではなく、まさに乞うことしかできない圧倒的な権力の差を見事に表現している。

過去の歴史においても「免罪符」という形で教会が権力と財力を手にしたということも「許す」という行為に付随する権力性を証明しているだろう。

 

で、あれば、私の「許し」に対する執着が権力や財力に対する執着に起因しないということをどのようにして証明/保証できるだろうか。