幸福とは何か

関東に来て約5年がたちそうになっている。

その間に色々あったが、なんだかんだで就職し、気が付けばクソみたいな業務システムの案件を1年半以上やっていた。

メンタルがぶっ壊れてから3年半、ずっと自問自答してきたことに「幸福とは何か」という部分がある。

5年前、まだそれなりに夢も希望もあったころ、漠然とというか根拠のない確信めいた部分で「大学を出て、院にいって、研究者になって~」というものがあった。

それがあるきっかけでボロボロと崩れていったとき、人生の無価値さというものを強烈に意識した。

 

ただ単に「幸福に生きたい」それだけの小さな望みさえ無理なんだと強く考えていた時期があった(多分1年以上ずっと考えていたと思う)

 

その時期に気づいたのは「幸福に生きるには自分にとっての幸福を定義しなければならない」ということだ。

しかし、私は性格上「自分の中の思想/信条に対して何度も何度もその正当性を自問自答してしまう」という難点があった。

この難点のために、一見それらしい幸福を定義しても(例えば「結婚して家庭をもって~」とか)そこにある矛盾点などを必要以上に掘り起こし否定してしまっていたのだ。

そのため、メンタルがぶっ壊れてからずっと長い間「幸福」というものについて自分が求めることが見えなくなっていた。

自分の思想/信条に対する自問自答というのは必要な行為ではあるが、そこでの自問自答の多くは他の思想/信条に対する防護壁のようなものでもある。つまり、自分の思想/信条を確たるものとし、安易に他人の言葉に流されないようにするための物であるという性格を持つ。

しかしながら、思想というのは、空虚であることがもっとも良くない事であり、ないよりはあった方がいいというものであるという部分も否定はできない。

なので、自問自答によって見つけ出した幸福を捨て続けて空虚になり何の幸福の充足も得られない日々が続いていた。

転機と言うほどでもないが、今年の4月に人事異動があり、役職をいただくことになった。

正式に4名の部下を持つことになり、彼らの管理をする中で、一つの発見をした

「自分にとっての幸福とは人間としての役割を果たす事である」

「人間の役割は、死ぬまでにこの世界の幸福の総和を増やす事である」

この発見だけではまだ幸福の定義とはなっていないが、それでも「何をするべきか」という部分が見えたのは私にとっては救いであった。

私の悪癖の自問自答もまだこの考えを否定するだけの物には至っていない。

もしかしたら明日あたりにこの考えが否定されるかもしれない。

ただ、少なくとも否定されるまではこの考えにすがって生きてみるつもりだ